大学4年生の就活応援サイト

会員登録 (無料)

実際に行われる面接の事例を見てみよう!

面接では、面接官との「対話」の中さまざまな質問を投げかけられます。伝えたことは「要点」として整理しておき、質問に応じて柔軟に答えれるようにしましょう。暗記したものを機械的に答えるのではなく、自分の言葉で面接官に伝わるように意識して話すことが大切です。

面接の事例

「まずはじめに当社の志望理由について1分程度でお話しいただけますか」

【志望動機】
■どのような領域で社会に貢献したいのか
 なぜ、その業界に興味を持ったのか
■なぜ、その会社を死亡したのか
 その会社のどんな事業に興味を持ったのか
■その会社ではどんな仕事に取り組みたいか
*時間指定(「1分程度で」など)がある場合は、その範囲内で要点をまとめよう。

   ▼

「なるほど。当社以外にはどのような企業を受けていますか」

【選考中の企業の確認】
■志望度の高い企業を複数社挙げる
*以下に該当する企業名を挙げる場合は、より深く質問される場合があります。
・直接的な競合企業
・業界や業種がばらばらの複数の企業

   ▼

A社は業界のトップ企業ですね。第一志望はA社ですか?

【志望度の確認】
■例)「A社も第一志望ですが、御社が現在っ第一志望です」
■A社と比較しながら、「なぜ強く志望するのか」
*冒頭「志望動機」で挙げた理由と重複しないように注意!

   ▼

志望動機で挙げられた〇〇〇〇〇〇というあなたの強みについて教えてください」

【強みの確認①】
■自分が何を考え、どのように行動したのか
■学んだことを、どのように活かしているのか
 (活かしていきたいのか)
*質問内容に対する回答を冒頭に伝えることを忘れずに

   ▼

その後も、面接官からさまざまな質問が投げかけられます

   ▼

「何か質問はありますか」

*調べたらわかる内容、待遇面ばかり党など志望動機を疑われるような質問、これはかえってマイナスイメージを持たれる場合があるので要注意!

「何か質問はありますか」

面接官との会話を楽しもう!

面接前に準備した自己PRや志望動機をそのまま読み上げるだけでは面接官に良い印象を与えることはできません。言葉のキャッチボールを意識し、面接官との会話を楽しむ気持ちで面接に臨みましょう。