大学4年生の就活応援サイト

会員登録 (無料)

【添削例あり】エントリーシート“志望動機”のコツ

エントリーシートの中でも特に注目され、面接でも掘り下げて聞かれることが多い「志望動機」。数多くのエントリーシートの中から採用担当者の印象に残るためには、書き方・まとめ方のコツがあります。書くための準備をきちんと行い、熱意や本気度を効果的にアピールしましょう。

自己分析で知った「自分」が、志望動機に深みと説得力を増す

企業の採用担当者は「自社での活躍が期待できる人材か」「自分の会社にマッチしそうか」という点に注目しています。そのため「こんな仕事がしてみたい」という他の誰かと重なるような理由だけでは不十分。なぜこの業界・職種・企業を選んだのか、なぜここで働きたいと思うのか、熱意をもって伝える必要があります。そこに説得力を増すのが「あなただけの志望動機」。自己分析で、その企業への志望理由につながる過去のエピソードと、そこから得た思いを整理しておくことで、志望理由に説得力が増します。

自己分析で知った「自分」が、志望動機に深みと説得力を増す

志望動機で意識するポイント

POINT①「なぜこの業界なのか」でなく「なぜこの企業なのか」が大切
POINT② 入社したらどんな仕事がしたいのかを伝えよう

その企業でなければならない理由をアピール!

志望動機は企業に対するラブレターのようなもの。その業界を志望する理由だけでは「同業他社でも良いのでは?」と思われてしまいます。企業研究で感じたことを自分の強みや価値観と絡めて書くなど、他の企業への志望動機には転用できない内容にすることが重要です。

その企業で、どのように貢献したいかを明確に

やりたい仕事を伝えるだけでなく、自分の能力や経験から「何ができるのか」も伝えましょう。入社後すぐには就くことのできない職種もあるので、自分なりに「3年後、5年後はこうありたい」「そのためにはこういった経験を積みたい」など、具体的に提示するのも良いでしょう。実際に働いているわけではないので、多少ずれてしまうことがあるかもしれませんが、活躍したいという前向きな気持ちは伝わるでしょう。

志望動機の作成手順

1、志望動機と結びつくような体験やスキルがあれば、書き出してみる。

例えば、アルバイトで体験したこと、ゼミの研究テーマ、周囲で起こった出来事、とても感動した思い出など。また、志望業界・志望企業で仕事をする場合に必要とされるスキルや資格についても書き出してみましょう。学習途上もしくは資格を取得できていない状況であっても、在学中に結果を出すために努力していることが評価されることもあります。

2、その業界や企業について情報収集をする

業界の本をまず1冊読み、基礎知識がついたら、その企業の会社案内やホームページ、新聞・雑誌などを読んでさらに情報収集。この時、興味を持ったことや疑問に思ったことを書き出しておきましょう。これは面接の時の質問材料にもなります。新聞やニュースなどで、業界の動きに注目しておくことも役立ちます。

3、実際に志望動機をまとめていく

これまでの情報収集の中で感じたこと・興味をもったこと、自分が経験したことを材料にして、なぜその企業に興味を持ったのか、また自分はその企業でどんな貢献ができるのかを考え、志望動機をまとめてみましょう。

実例から学ぼう! エントリーシート BEFORE→AFTER

【添削例①】企業ではなく職種の志望動機になっている

【添削例①】企業ではなく職種の志望動機になっている

【POINT】志望動機は「企業研究の成果」を伝える場
志望動機をまとめる上で、最も陥りやすいケースです。その企業ではなく、業種や職種の志望動機に留まっているのです。これでは「他の百貨店でも良いんじゃないの?」と思われてしまうでしょう。志望動機は企業研究の成果を伝える場でもあります。「その企業が他社とどう違うのか」「何が強みなのか」をしっかり研究し、志望動機に盛り込むことが大切です。


【POINT】単なる憧れだけではないことを伝える
また「バイヤーになりたい」という思いを伝えるために、バイヤーという仕事の素晴らしさを語ったところで、採用担当者にとっては十分に理解している内容です。どういうきっかけで興味を持ったのか、どんなバイヤーになりたいのか、そのために何をすべきと考えているのかなど、単なる憧れだけではないことを伝えなければなりません。

【添削例②】憧れや共感だけで志望動機が浅い

【添削例②】憧れや共感だけで志望動機が浅い

【POINT】ファン目線で「好きだから」では入社理由にはならない
志望企業が一般消費者向けの商品を扱っている場合、ユーザーだから興味を持ったというケースも多いでしょう。もちろん「貴社の商品が好きです」「愛用しています」という気持ちを伝えることも大切ですが、それだけになってしまうと入社理由としては不十分です。

消費者側として喜びを感じるかどうかは、採用する側にとっては関係ありません。大切なのは、提供する側として喜びを感じることができるか、強みを活かすことができるか。消費者としてのファン目線ではなく、ビジネス(=提供者側)目線での動機を強調しましょう。